トップページ > お知らせ > マンション エントランス屋上の防水工事

マンション エントランス屋上の防水工事


image_print

マンションのエントランス屋上、それほど大きい面積ではないのですが防水工事を行いました。

3階建てのマンションなのですが、屋根の4分の1の雨がこの場所に集中するデザインとなっており、コンクリート床の表面にヘアークラックが発生していることもあり、防水工事となりました。

多少、雨水が躯体内に侵入しているのを確認でき、通常のウレタン防水では膨れや剥がれも発生してしまいますので、通気緩衝工法という、少し手のかかる防水仕上としました。

こちらの防水工事の良いところは、防水層と躯体が一体化すると膨れや剥がれが発生してしまうところに、空気の逃げ道の脱気筒をもうけているとこです。

マンションのエントランスで雨漏れが発生してしまうと、宅配ボックスやオートロックの機器等雨水被害が発生しますと入居者様に迷惑も掛かり大変なことになってしまいます。事前に予防でき、良い仕事ができました。

ご注意

ページのTOPへ